歯科医で、やる気のある方大募集


by f3fys3dj9k
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に焦点があてられている名護市長選(24日投開票)。新人の稲嶺進、現職の島袋吉和の両氏ともに「政党隠し」に腐心している。同市長選は普天間問題の行方に影響するとされる「国策市長選」とも指摘されるが、両陣営ともに中央政党とは微妙な距離を置かざるを得ないお家事情がある。

 最近の地方首長選では、中央の主要政党の支援を仰ぎながら「無党派」をアピールする候補が後を絶たないが、「政権交代後、最も注目される地方選」(民主党関係者)と言われる名護市長選もほかでもない。人口6万人の一地方都市の「身の丈にあった市長選」になっているようだ。

 島袋氏の遊説車には、奇妙な正方形の3枚テープが張られている。よく見ると、4年前の市長選で書かれていた「自民党」の文字が消されているのだ。

 島袋氏は前回市長選で自民、公明両党から「推薦」を受けたが、今回はそれを固辞。公明県本部が「支持」、自民県連も実質的な支援にとどまり、キャッチフレーズは「市民党」だ。

 島袋氏は普天間飛行場の名護市辺野古への受け入れ容認の立場をとるが、選対幹部は「頭痛のタネの基地問題をかすませるには、辺野古移設を決めた旧自公政権とベッタリという印象を消さないといかない」と苦しい胸の内を明かす。

 自民県連も昨秋、普天間飛行場の「県外移設」へ方向転換しており、「自公離れ」に動く大義名分はある。「中央の自公幹部に応援を頼むこともない」と陣営関係者はいう。

 一方、基地問題を最大の対立軸に据える稲嶺氏には、民主、共産、社民、国民新の各党などが推薦し、支援態勢を整えているが、「寄り合い所帯」ゆえの悩みも尽きない。

 17日の出陣式では、推薦する政党の沖縄県選出国会議員が次々とあいさつに立ったが、それぞれの持ち時間を大幅に超え、「さながら言いたい放題」の演説会の様相を呈した。

 追い風とみる普天間移設問題へのスタンスとて、一枚岩ではないのだ。陣営関係者は「政党ごとの主張を声高に繰り広げたら、混乱しかねない」と懸念を抱く。基地問題は両刃の剣の側面もあるというわけだ。

 辺野古移設に完全に「ノー」を突きつける共産、社民両党の“過激”さが突出し、移設先をめぐる鳩山由紀夫首相のフリーハンドを確保しておきたい民主党とは微妙な「溝」がある。

 市内を走り回る共産党関連団体の遊説カーには、稲嶺氏のポスターと「日米安全保障廃棄せよ!」という“党是”の文字が同居している。陣営には保守系市議6人も加わっており、その一部の市議は「あまり共産党や社民党が表に出ると、保守票が逃げる」と悲鳴を上げているという。

 このためか、稲嶺氏は遊説で「民主党政権とのパイプ」を強調しつつも、「市民の目線」を叫び続けている。陣営関係者は「中央は中央。鳩山政権も政治とカネの問題などでもたついている。あくまで市民本位の政治を実直に訴えていくしかない」と語った。(高木桂一)

【関連記事】
反対・容認 一騎打ち 「普天間」移設選択は
名護市長選 かすむ争点、冷めた市民
名護市長選 傍観する中央政党
「戦って」は検察批判ではない 鳩山首相
福島氏、名護市長選は「負けられない選挙」

<阪神大震災>6434人へ祈り 17日で15年(毎日新聞)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
流氷 紋別の北160キロで初確認…海上自衛隊機 北海道(毎日新聞)
政治資金はクリーンに 首相(産経新聞)
<雑記帳>ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
[PR]
# by f3fys3dj9k | 2010-01-20 02:46
 「私は皆さんから毎日批判を受けている身だから、首相になる資格はない、(なる)つもりもない」。民主党の小沢一郎幹事長は12日の記者会見でこう語り、首相就任への意欲を否定した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

海自撤収「国益損なう」=自民(時事通信)
第142回芥川賞は該当作なし(読売新聞)
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ(産経新聞)
大阪・居酒屋の銃乱射、重傷の男性も死亡(読売新聞)
自民比例定年制、山崎派が撤廃を強く主張(読売新聞)
[PR]
# by f3fys3dj9k | 2010-01-18 10:29
 「省庁の顔」ともいえるホームページ(HP)に、宇宙や深海の探検や大地震が来たときの防災力シミュレーションなど、さまざまな“参加型”コンテンツ(著作物)が増えている。文字だけでないバラエティーに富んだ内容で「お役所」の仕事に少しでも理解や関心を持ってもらうのが狙いだ。ブロードバンド(大容量高速回線)の普及やHP技術の向上で可能になったこうしたコンテンツは、今後も新たな“広報ツール”として広がりそうだ。(道丸摩耶)

 ◆宇宙にも深海にも

 種子島宇宙センターで、人工知能「サテラ」を搭載したロケットの打ち上げを助ける−。そんな夢のようなミッションが“体験”できるのは、昨年12月下旬に文部科学省のHPに公開されたばかりのシミュレーションゲーム「宇宙ワンダー」だ。

 同省広報室によると、同省がHP上にこうしたシミュレーションゲームを公開し始めたのは昨年5月。未来の潜水艦「しんかいワンダー号」に乗って深海に潜り、生物の写真を撮影する「深海ワンダー」が最初だった。これまでに約31万人がゲームの最後でデザインする「自分の魚」を作った。

 7月には、ロボットとともに南極を探検する「南極ワンダー」も公開。こちらも約16万人が“探検”を楽しんだ。いずれも子供を想定して作られた内容だが、細部までリアルで大人の冒険心をもくすぐる。

 一方、内閣府のHPにある体験型コンテンツが「震度6強体験シミュレーション」だ。家具の固定や建物の耐震強度などを設定してスタート。リビングで強い揺れに襲われた主人公が、「コンロに煮立っている鍋があります。どうしますか」などの問いに答えていく。間違った選択肢を選ぶと、生き残る可能性が減っていく仕掛けだ。

 ◆文字より伝わる

 シミュレーションを企画した内閣府災害予防担当は「これまでは冊子の資料を作ってきたが、配布ルートの確保が難しい。HP上のシミュレーションなら多くの人に気軽に見てもらえる」と話す。冊子制作にかかる印刷費や輸送費を考えると、HPの方が幾分安く済むという。インターネットやゲームに親しんでいる若い世代向けに作ったが、高齢者からも「講習会で使いたい」などの問い合わせが入る。全国の自治体や個人がHPでゲームを紹介してくれることも多く、広報啓発効果は予想以上だ。

 広報効果が上がったのは文科省も同様。同省広報室によると、これまで同省のHPを閲覧した40%以上の人は、10秒以内にページを閉じてしまっていたという。

 「役所言葉は正確性にこだわるあまり、難しい文字の羅列になりがち。HPにアクセスが多くても、内容を見てもらっていなければ意味がない。滞在時間を長くするためには演出も必要」と同室。シミュレーションは省庁の仕事を直接紹介する内容とは異なるが、「少しでも役所の仕事に親しみを持ってもらえれば」と、広報効果を期待する。

                   ◇

 ■「環境家計簿」や食料自給率計算ソフトも

 シミュレーションゲームではないが、自分で数値を入れるなどして簡単に使えるソフトを提供している省庁HPはほかにもある。

 環境省のHPでは、毎月の光熱費の領収証の値を入力することにより、「今月のわが家のエネルギー使用量」「二酸化炭素排出量」が記録できる「環境家計簿」などが使える会員サイトを用意。これまでに約12万家族が会員登録した。

 農水省のHPでは、わが家の料理の食料自給率が調べられる「クッキング自給率」計算ソフトを提供。食料自給率への意識向上を目指している。

<訃報>細木繁郎さん88歳=元新日本製鉄副社長(毎日新聞)
民間人校長候補に盗撮歴発覚 問いつめられ辞退 横浜(産経新聞)
社債購入、要注意 「元本保証」「途上国支援」 業者雲隠れ 持ち逃げ被害も(産経新聞)
丈夫な赤ちゃん待ってます、恒例の母羊散歩(読売新聞)
カジノ構想「興味ある」=沖縄知事(時事通信)
[PR]
# by f3fys3dj9k | 2010-01-16 02:00
 沖縄では首長選が日本の安全保障の根幹を揺るがす不幸な歴史を繰り返してきたが、過去を振り返るとギリギリで妥協点を見いだす県民の絶妙なバランス感覚が浮かび上がる。ただ、今回は鳩山政権の誕生により、そのバランス感覚は根底から崩れつつある。

 過去の名護市長選で最も緊迫したのは、比嘉鉄也市長が代替施設受け入れ表明と引き換え辞任したことを受けた平成10年2月の市長選だった。反対派の大田昌秀知事は投票日直前に受け入れ拒否を表明し、流れを作ろうとしたが、容認派の前市助役、岸本建男(たてお)氏が接戦を制した。

 この年も今年と同じく11月の知事選まで県内各地で地方選が続く「選挙イヤー」だったが、名護市長選を受け、反基地闘争の色合いは薄まった。

 容認派勝利にはさまざまな要因があるが、政府・自民党が北部振興策による「生活の充実」を対立軸に打ち出したことが大きい。

 これを受け、県内での大田知事の影響力は次第に低下し、10年11月の知事選では容認派の稲嶺恵一氏が勝利した。稲嶺氏は小渕恵三首相(当時)と蜜月関係を築き、沖縄振興策は着実に進展。12年7月には名護市で主要国首脳会議(沖縄サミット)も開かれた。

 稲嶺氏は、代替施設「15年使用期限」が受け入れられなかったことなどから17年10月に移設拒否に態度を変えたが、翌18年11月に容認派の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事が当選。「振興策重視」の保守派はなんとか県内で勢力を維持し、政府との共存関係を築き上げてきた。

 ところが、今回は政府の方が基地問題を争点化してしまった。鳩山由紀夫首相は「名護市長選の結果を見てそれに従って方向性を見定めていく」と語り、安全保障を自治体選挙に委ねた。これで安全保障と首長選を切り離す長年培われてきた不文律は消え去った。

 名護市長選が7月の参院選、11月の知事選などに影響を与えることは確実だが、政府・民主党内で沖縄全体に「反基地」の流れが強まった場合の対応策が検討された形跡はない。

 那覇市議会は昨年12月、「国家の安全保障という決断を一地方の選挙民に負わせることは到底容認できない」とする意見書を首相に提出した。首相はこの「重み」を理解しているのだろうか。(加納宏幸)

日の当たる教室
天才発明家
アフィリエイト ホームページ
即日現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
[PR]
# by f3fys3dj9k | 2010-01-14 15:21
 発達中の低気圧の影響で日本海側を中心に大雪になる恐れが高まっているとして、気象庁は6日、大雪と高波に関する気象情報を発表した。

 気象庁によると、発達中の低気圧が北海道の南海上にあり、冬型の気圧配置が強まっている。7日にかけて、北海道や中国−東北の日本海側などで荒れた天気になるという。

 7日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、北海道のオホーツク海側80センチ▽北海道太平洋側、東北日本海側、北陸50センチ▽長野県、群馬県、岐阜県、近畿北部、中国山陰40センチの見込み。また北日本では、波の高さが6〜7メートルの大しけになるという。【山本将克】

【関連ニュース】
火災:民家から出火、GSに延焼 住民に避難勧告 千葉
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
道路標識:突然倒れ自転車の女性直撃、軽傷 東大阪市で
阪神大震災:288のモニュメントを地図に CDで紹介
家賃保証サービス:外国人向けに実施 NPOが団体設立

けんじのブログ
いつでも、元気な税理士です。
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理・自己破産
[PR]
# by f3fys3dj9k | 2010-01-13 20:10